車が売れない。自動車の業界団体によると2015年の新車販売台数は、4年ぶりに前年を下回り504万台。昨年4月の軽自動車税の引き上げに加え、2014年4月の消費増税の影響が主要因だ。2016年は5年ぶりに500万台を割る可能性もでてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3290文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 凄い売り方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。