進む人口減少と相まって、多くの自治体にとって公共施設のリストラは不可避となっている。ただ、リストラだけでは住民サービスの低下や縮小均衡の悪循環から抜け出せないのも事実。知恵を絞って財政難を逆手に取れば、意外な光明も見えてくる。