人口減少時代の到来で、自治体間の企業や人の争奪戦が激化している。本社誘致に成功する福岡市や札幌市、人口を増やし続ける愛知県長久手市や千葉県流山市。いずれも「働き手」をターゲットにした独自の政策が功を奏している。