人口減少時代の到来で、自治体間の企業や人の争奪戦が激化している。本社誘致に成功する福岡市や札幌市、人口を増やし続ける愛知県長久手市や千葉県流山市。いずれも「働き手」をターゲットにした独自の政策が功を奏している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7534文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年1月25日号 24~29ページより

この記事はシリーズ「特集 活力ある都市ランキング」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。