国内在住の消費者1000人超に「好きな接客」「嫌いな接客」を聞いた。企業が良かれと思ってやるサービスの中には、意外に多くの人が嫌っているものもあった。全体には顧客の好き嫌いが、バラついている印象。画一的なサービスが通用しないのは明らかだ。

「好きな接客」「嫌いな接客」
百貨店やコンビニなど小売店

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

各業界に精通した記者50名超が独自取材

1500社以上の企業事例

※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

あなたにおすすめ

Powered by リゾーム ?

この記事は… ?

参考になった

参考にならなかった