世界最大級の飲料メーカーにして、米国の象徴でもあるコカ・コーラ。全てのステークホルダーに配慮する “全員参加型の資本主義”にかじを切る。ローカル化の徹底とブランド強化で、“トランプの時代”にも揺るがない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2131文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年1月23日号 44~47ページより

この記事はシリーズ「特集 トランプに負けるな!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。