“トランプの時代”に動じないために、なぜ、「サステナブル経営」が必要なのか。グローバル企業の最先端の潮流を知る専門家たちが、その根拠を解説する。

世界共通のルールが崩壊
「リ・ローカリゼーション」が進む
Expert
米ボストン コンサルティング グループ(BCG)
リッチ・レッサーCEO

 グローバリゼーションの本質が、3つの観点で変容した。世界経済の状況、各国政府との関係、技術革新の急速な進展だ。これらによって、企業は経営モデルを再考する必要に迫られている。

 まず世界経済。成長が速い新興国と、成長が鈍化した先進国という2つの世界があると言われたが、今やそんな単純な図式は通用しない。新興国でも経済の状況はバラバラ。各国の事情に合わせた、より洗練された戦略が必要だ。

 今まで以上に各国政府の要求にも配慮しなければならない。よりオープンでフェアな貿易という理想に陰りが見える。新興国の国有企業や、民間でも国家の手厚い支援を受けている企業が台頭するなど、何が公平な競争条件なのか、判断が難しくなった。自由貿易の守護者だった米国でさえ内向きになっている。

 技術革新も経営環境を一変させた。ロボットやAI(人工知能)の発達で、工場を国内に戻す「リ・ローカリゼーション」も進む。技術は生産性を向上させ富を増やすが、格差など社会問題を生み出す懸念もある。人材や地場産業などに積極投資し、技術が持つ負の側面を緩和する努力が欠かせない。 (談)

続きを読む 2/5

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2669文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 トランプに負けるな!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。