経営者が「新規事業が生命線」とハッパをかけても、指示待ちの社員から斬新なアイデアは出てこない。自律的な社員を増やし、現場の持つ発想を新たな価値に育てるための方法を紹介する。