有望な宇宙ベンチャーは、何も米国だけの専売特許ではない。小型軽量化を可能にするモノ作り力、独自の衛星データ活用術で世界に挑む。