ヘルスケア

 重い身体を引きずって病院を訪れたのに、診察まで長時間待たされる──。効率化が加速する一方の世界で、取り残されているのが医療・ヘルスケアの領域だ。この効率の悪さを進化のチャンスととらえ、多くのスタートアップが競争を繰り広げている。

 筆頭が2012年に創業した、イスラエルのタイトケア(TytoCare)。独自開発した診察デバイスを用い、オンライン診療の「デファクトスタンダード(事実上の標準)」を狙う企業だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1973文字 / 全文2192文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「10年後のグーグルを探せ 世界を変える100社」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。