検索やSNS(交流サイト)、ネット通販などのBtoC(消費者向け)サービスでは勝者が確定した。「GAFA」4社は得意分野で圧倒的な地盤を固めつつ、互いに領土を侵犯する。

 一方でBtoB(企業向け)のITサービスに目を転じると、いまだ手つかずの「余白」が残る。米マイクロソフトの存在は依然として強大だが、スタートアップにつけ入る隙があるのも事実だ。

 その中でも起業家が熱い視線を送っているのがオフィスだ。検索やSNSの進化によってホワイトカラーの働き方は大きく変化したが、物理的なオフィス環境はほとんど変わっていない。それを「デジタル」と「人間味」の両面で変えようとしているのが米ウィーワーク(WeWork)。シェアオフィス大手として規模を急激に拡大している。

過去4年で売上高は10倍以上
●米ウィーワークのRun Rate Revenue*
過去4年で売上高は10倍以上<br /><small>●米ウィーワークのRun Rate Revenue*</small>
*:Run Rate Revenueは各四半期最終月の売上高を12倍した数字

 3年先のビジネス環境さえ不透明な時代。10年、20年の長期固定でオフィスを借りるのはリスキーだ。その点ウィーワークであれば、環境に応じて柔軟にオフィスを増減できる。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が革命を起こしたクラウド事業と同じ話だ。

 ウィーワークのオフィスで働く人々は、2018年9月末時点で世界24カ国32万人。1年間で 倍増した。13年に9カ所だった拠点も、19年末には1000カ所を超える見込み。以前はスタートアップや個人事業主が主だったが、最近は米IBMなどの伝統企業も利用し始めた。社員数1000人超の大企業に所属する利用者は2年前に7000人だったが、既に8万5000人に達する。

<span class="fontBold">ウィーワークのオフィス。働く人たちのコミュニケーションを活発にしたり、仕事に集中したりと、シチュエーションに応じたオフィスを提供している</span>(写真=5点:WeWork提供)
ウィーワークのオフィス。働く人たちのコミュニケーションを活発にしたり、仕事に集中したりと、シチュエーションに応じたオフィスを提供している(写真=5点:WeWork提供)
続きを読む 2/3 電子メールは「過去の遺物」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3757文字 / 全文3791文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「10年後のグーグルを探せ 世界を変える100社」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/