サーバーの国内出荷金額が、7年ぶりに減少に転じる見通しだ。クラウドの普及で企業の購入意欲が減退し、サーバー“自作”がそれに拍車をかける。富士通やNECなど国内メーカーは、ビジネスモデルの変革を迫られている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題