サーバーの国内出荷金額が、7年ぶりに減少に転じる見通しだ。クラウドの普及で企業の購入意欲が減退し、サーバー“自作”がそれに拍車をかける。富士通やNECなど国内メーカーは、ビジネスモデルの変革を迫られている。