JR西日本が鳥取県内に養殖設備を新設し、独自ブランドのサバの養殖を拡大する。与えるエサなど養殖方法を工夫し、生食できるのが売り。2018年をめどに収量を現在の数倍に増やす。国内外の需要を取り込み、力を注ぐ「非鉄道」事業の収益底上げにつなげられるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1308文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題