世界秩序をかき回す言動は2019年も続きそうだ。国防総省の反対を押し切り18年末にはシリア撤退を決定。19年1〜2月には2度目の米朝首脳会談に臨みたいとしているが、非核化の道筋は依然として見えない。貿易政策から安全保障まで「米国第一」を前面に出した18年の発言から、19年の針路が浮かび上がる。

ドナルド・トランプ 米大統領
ドナルド・トランプ  米大統領
(写真=AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り931文字 / 全文1091文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。