全1380文字

資産運用会社レオス・キャピタルワークスが上場直前で延期を発表した。同社の藤野英人社長は「主幹事証券から延期を要請された」と説明するが、証券会社側は沈黙。世界的に株式市況の先行きに不透明感が高まる中、投資家の不信を招いたことは確かだ。

レオスの藤野英人社長は主幹事証券への不満を口にした(写真=的野 弘路)

 5日後に迫った株式上場を突然、延期したのはなぜなのか。資産運用会社、レオス・キャピタルワークスは12月20日、同25日に予定していた東証マザーズへの上場手続きを延期すると発表した。

 同社は2008年に設定した「ひふみ投信」や銀行・証券会社などで販売する「ひふみプラス」など3つのファンドを運用。中小型の成長株に投資する手法で成績を上げ、個人投資家の人気を得てきた。18年11月末時点での運用資産は7600億円。10年後に運用資産を10倍にする目標を掲げ、資産運用会社としては17年ぶりに上場するはずだった。