米国が約9年半ぶりに利上げに転じ、日本は金融緩和が続いている。金利差拡大をきっかけに、2016年の日本企業の経営戦略は変わりそうだ。慎重だった国内の設備投資が加速し、海外M&Aも伸びる可能性がある。