東芝がテレビや白物家電などのリストラ策を発表した。人員も国内外で1万人削減する。2016年3月期は5500億円の最終赤字に陥り、自己資本比率は1桁に落ち込む見通し。資本増強のためヘルスケア部門の売却を急ぐが、残された時間は限られている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1267文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。