鴻海(ホンハイ)精密工業とシャープがテレビ事業の強化策を相次ぎ打ち出している。外販の絞り込みと新工場の建設といった強気な姿勢に勝算はあるのか。液晶業界に再び訪れる供給過剰の波にのまれれば、経営危機に陥った過去の轍を踏みかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1163文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題