日本でなかなか盛り上がらなかったオーガニック(有機)食品が注目を浴びている。インターネット通販企業が先行するが、スーパー大手が専門業態での出店を本格化する。消費者の関心も高まり、欧米はもとより、アジアと比べても遅れていた日本市場が変化しつつある。

<span class="fontBold">オーガニック専門スーパー「ビオセボン」の店舗の外観(右)と有機栽培の果物や野菜が並ぶ売り場(下)</span>
オーガニック専門スーパー「ビオセボン」の店舗の外観(右)と有機栽培の果物や野菜が並ぶ売り場(下)

 有機栽培は化学肥料や農薬、遺伝子組み換え技術を基本的に使用しない。環境に優しく健康に良いとされるが、天候や害虫の影響を受けやすい。収穫が安定せず、生産コストも売価も高い。作り手にも買い手にもハードルが高く、3~4年前まで日本の小売り幹部は「普及は難しい」と口をそろえていたが、市場は大きく変わろうとしている。

 12月14日、イオングループは横浜市にオーガニック専門スーパー「ビオセボン」の新店舗をオープン。野菜、肉、魚に加え化粧品やベビー用品も扱う。秋以降、東京都目黒区、港区などで急ピッチで出店し、計8店舗に達した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り990文字 / 全文1387文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。