フリマアプリ最大手のメルカリが、新聞折り込みチラシを使った宣伝広告を試験的に実施した。浸透していない40代以上の利用者を伸ばし、二次流通価値の高い不用品の出品を増やす狙いがある。ブックオフのような中古品販売業も買い取りを強化している。メルカリとリアル店舗の競争は一段と激しくなる。

<span class="fontBold">どこかで見たとしか思えないようなデザインはかえって目立つ</span>
どこかで見たとしか思えないようなデザインはかえって目立つ

 「トイレットペーパーの芯、大放出!」「スマホの中でオープン!」──。

 違和感のある文言が躍る折り込みチラシが12月12、15の2日間、中日新聞と北海道新聞の購読世帯に届いた。衣料品量販店や家電量販店、ディスカウントストアのチラシと同じような体裁。広告主は不用品を個人間で売買するフリマアプリの最大手メルカリだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1109文字 / 全文1419文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。