日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が逮捕されて12月19日で1カ月。「ポスト・ゴーン」を巡り、ルノーと主導権争いを演じる日産だが、販売の最前線が苦戦を強いられている。もっとも、その原因を作ったのはゴーン氏逮捕だけではない。国内販売力はこの10年ですっかり落ちていた。

東京・銀座の旗艦店では「GT-R」だけ展示されていた

 「今、中古車を買うなら日産自動車よりトヨタ自動車がおすすめ」

 11月19日に日産のカルロス・ゴーン元会長が逮捕されてから1カ月がたとうとしている12月の週末。都内にある大手中古車ディーラーの営業担当者は、来店客にこんな売り文句を唱えていた。理由は明快。担当者が続ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2306文字 / 全文2595文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。