法人税引き下げと消費税への軽減税率導入などを柱にした2016年度税制改正が決まった。大改革に伴い、企業や産業でその影響の度合いに差がつく可能性がある。法人税引き下げの余波で、東芝は泣きっ面に蜂、三越伊勢丹ホールディングスには恩恵がありそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2501文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。