公的年金を運用するGPIFが海外の「ジャンク債」に資金を振り向け始めた。投資先を広げて運用益を底上げする狙いからだ。ただ株安で7~9月期は巨額の損失を計上し、改めてリスク管理を問う声もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1275文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題