2017年度税制改正の目玉の配偶者控除改革は効果を出せるか疑問がある。企業が配偶者手当の支給要件にする部分の年収が上がらなかったためだ。企業の手当要件見直しも欠かせないが、大企業と中小の格差にもなりかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1242文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題