経営統合を延期した出光興産と昭和シェル石油が株式を持ち合う構想が浮上している。出光が来年早々にも昭シェル株を同社の親会社から買い取らなければならないからだ。出光創業家の反発をきっかけに座礁しそうな統合計画は、最大の試練に直面している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。