第4次産業革命の波が押し寄せるなか、IoTやAIといった新技術を学びたいという40代がじわり増えている。これまで培ったスキルだけでは生き残れない。そんな危機感が「学び直し」の背景にある。ちまたではこうした技術を学べる研修サービスが花盛り。政府も支援拡充に動く。

ビッグデータの関連講座には20~30代に交じり、40代の姿も(写真=尾関 裕士)

 12月上旬、都内で開かれたデータサイエンティストの養成講座。男女10人が受講していたが、IT(情報技術)に詳しそうな20代後半から30代前半の若手に交じって、40歳前後の人もいた。

 講座を運営するのは、法人向けデータ分析研修事業を手掛けるデータミックス(東京・千代田)。IoT(モノのインターネット)などを使って集めた膨大なデータを解析して、新しいビジネスにつなげたり、業務の効率化に役立てたりする専門家を育てようと今年7月に講座を立ち上げた。