第4次産業革命の波が押し寄せるなか、IoTやAIといった新技術を学びたいという40代がじわり増えている。これまで培ったスキルだけでは生き残れない。そんな危機感が「学び直し」の背景にある。ちまたではこうした技術を学べる研修サービスが花盛り。政府も支援拡充に動く。

ビッグデータの関連講座には20~30代に交じり、40代の姿も(写真=尾関 裕士)

 12月上旬、都内で開かれたデータサイエンティストの養成講座。男女10人が受講していたが、IT(情報技術)に詳しそうな20代後半から30代前半の若手に交じって、40歳前後の人もいた。

 講座を運営するのは、法人向けデータ分析研修事業を手掛けるデータミックス(東京・千代田)。IoT(モノのインターネット)などを使って集めた膨大なデータを解析して、新しいビジネスにつなげたり、業務の効率化に役立てたりする専門家を育てようと今年7月に講座を立ち上げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1035文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。