「1億円プレーヤー」は是か否か──。報酬問題をきっかけに経済産業省と対立していた産業革新投資機構。同社経営陣が12月10日、事実上の「総辞職」を決めた。何が両者を分断に追い込んだのか。高額報酬批判の発端に財務省の影を感じ取る向きもある。

12月10日の会見で田中社長は悔しさをにじませた(写真=北山 宏一)

 11月9日、産業革新投資機構(JIC)の田中正明社長は経済産業省の嶋田隆事務次官と向き合っていた。一部メディアがJIC経営陣の高額報酬問題を取り上げ、国会議員や官僚の間で異論が噴出。報酬案を撤回することを決めた経産省は再協議を申し出たのだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1146文字 / 全文1400文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。