全3024文字

スマートフォン決済で後発のヤフー・ソフトバンク連合の「ペイペイ」が攻勢を強めている。総額100億円を投じ、決済金額の20%を利用者に還元するなどして、シェア逆転を狙う。過激な値引きで利用者を獲得する姿は、かつての高速インターネットの成長戦略に重なる。

ビックカメラ有楽町店は入り口で「ペイペイ」をアピール

 「『PayPay(ペイペイ)』で買い物すると購入金額の20%が戻ってきて、さらにビックカメラのポイントも8%付与されます」