工場設備の通信に使う「産業用ネットワーク」の推進2団体が11月末に提携した。両団体を率いるのは三菱電機と独シーメンスというFA機器のライバルだ。ドイツ発の「インダストリー4.0」が機械メーカーの戦略に影響を与え始めた。