成約済みや架空の賃貸物件を掲載し、顧客を店舗に呼び込む「おとり物件」商法。不動産テック会社イタンジの調査で、割安な人気物件の半分におとりの疑いがあることが分かった。イメージ悪化を危惧する不動産情報サイトが対策の強化に踏み切ったが、実効性には疑問が残る。

(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

 不動産情報サイトに掲載されていた賃貸物件を気に入った30代女性が仲介会社に電話をかけた。担当者は「この物件は昨日申し込みが入ってしまいました」と回答。女性は諦め、他のサイトを眺めていたところ、別の仲介会社が同じ物件を掲載しているのを発見した。しかも情報更新日が「本日」になっている。不思議に思い、電話で問い合わせてみると、「内見できますよ。お店に来てください」。女性が「別の会社から申し込みがあったと言われた」と告げると、担当者は慌てた様子で電話を切り、数分後に再び連絡があった。

 「連絡の行き違いで申し込みの情報がうちに伝わっていませんでした。ですが店に来てくれたら、似たような条件の他の物件を紹介できますよ」

 読者の中でこの女性と同じような経験がある方も少なくないだろう。成約済みや架空の好条件な賃貸物件情報をインターネットの不動産情報サイトに掲載。それを目玉に顧客を店舗に呼び寄せ、別の物件を紹介する「おとり物件」商法が社会問題になっている。

電話で見学できると言っていたのに…
●「おとり物件」商法の典型例
電話で見学できると言っていたのに…<br /> <span>●「おとり物件」商法の典型例</span>
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/3 情報格差がおとりの隠れみの

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2446文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。