トランプ次期米大統領は化石燃料に対する規制を撤廃し、その開発や活用を後押ししていく見通しだ。OPECが8年ぶりに減産合意したことは、米国がエネルギーの自給自足を達成する追い風となる。パリ協定など環境規制は後退することが懸念されるが、日本企業にも商機が巡ってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2384文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。