全1390文字

みずほフィナンシャルグループ(FG)がLINEと組み、2020年をめどに新銀行をつくる。決済や与信の基盤を提供し、LINEが成長の柱と位置づける金融サービスを支える。システムをはじめ、金融インフラの開放・外販を収益源に育てるうえでの試金石になりそうだ。

LINEとの提携は、みずほにとって単にネット銀行をつくる以上の意味がある

 メガバンクで唯一、インターネット専業銀行を持っていなかったみずほ銀行が、LINEと新銀行設立へ動き出した。LINE傘下のLINEフィナンシャルが51%、みずほ銀行が49%を出資して共同の準備会社を立ち上げ、2020年の開業を目指す。

 「メガバンクが苦手としてきたデジタルネーティブ世代との接点を獲得したい」。みずほFGの岡部俊胤副社長は11月27日の発表会でこう語った。月7800万人が利用するLINEは、企業と消費者を結ぶ「接点」として国内屈指の存在。その接点を、かたや支店を訪れる客が過去10年で3割減ったみずほが、喉から手が出るほど欲しがっていることに疑いの余地はない。