国内航空業界でパイロットの飲酒問題が相次ぎ、英国ではJALの副操縦士が逮捕、実刑判決を受けた。日本では呼気中や血中のアルコール濃度の法的な定めがなく、航空会社の自主的な管理に任せてきた。英米などに比べ「性善説」に立った制度の限界が露呈。新基準設定に動くが、適切な運用こそがカギを握る。

副操縦士逮捕後、JALは検査が不正に行われた可能性を明かした(写真=時事)

 飲酒の代償は禁錮10月の実刑判決だった──。

 英国時間11月29日、現地の裁判所は日本航空(JAL)の副操縦士に判決を言い渡した。このパイロットは、10月28日に英ロンドン・ヒースロー空港で羽田行きに乗務予定だったが、呼気検査で英国の法令で定める上限の10倍以上のアルコールを検出。逮捕された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1178文字 / 全文1481文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。