ファーストリテイリングのカジュアルブランド「GU」が商品を売らない新店舗をオープンさせた。デジタル技術を活用した「ショールーム」に特化し、インターネットでの販売拡大につなげる。リアルとネットを融合させる新モデルは、小売りの出店戦略を激変させる可能性を秘める。

全身画像を見ながら服の組み合わせを選ぶ(左)。様々な商品を店内で試着できる(右)

 コートやセーター、スカートなど様々な衣料品が並ぶが、レジがなく、商品は購入できない。奇妙にも見える店舗を11月30日、ファーストリテイリングのカジュアルブランド「GU(ジーユー)」が東京・原宿にオープンさせた。

 店内のあちこちにカメラを備えた大画面スクリーンを設置。客が自分の顔写真を撮影すると着せ替え人形のようにGUが扱う多様な衣類を仮想的に試着できる。気に入った組み合わせを選ぶとQRコードが表示され、スマートフォン(スマホ)で撮影して読み込むとアプリに保存できる仕組みだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り946文字 / 全文1326文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。