2017年4月の消費増税時に導入する軽減税率を巡る与党協議の混迷が安倍政権を揺さぶっている。財源や事業者の混乱を懸念して対象を絞りたい自民党に公明党は反発を強め、両党の溝が深まっている。首相官邸と自民のすきま風も表面化し、今後の政権運営に影を落としかねない。