ファミリーマートはユニーグループ・ホールディングスと統合し、セブンイレブンと店舗数で肩を並べる。コンビニの生命線であり、セブンに差をつけられてきた大きな要因の「中食」を強化する。単にセブンを後追いするのではなく、ミニ工場を活用する「できたて弁当」という秘策があった。