もの言う株主として企業に恐れられた村上世彰氏が強制調査を受けた。直接の容疑は特定銘柄の株価を下げた相場操縦だが、見方は錯綜する。再び活発に動き始めたアクティビストへの当局の懸念があるのではという声も強い。