もの言う株主として企業に恐れられた村上世彰氏が強制調査を受けた。直接の容疑は特定銘柄の株価を下げた相場操縦だが、見方は錯綜する。再び活発に動き始めたアクティビストへの当局の懸念があるのではという声も強い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1221文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。