トランプ次期米大統領の当選以来続く円安・株高・金利高に屈折点はないのか。まずは今年末にも固まる閣僚人事で踊り場が来るかもしれない。次は来年1月末から4月がヤマ場。次期大統領と共和党の“対立”がカギだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2475文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題