トヨタ自動車が国内で駐車場シェアサービスを手掛けるベンチャー企業と資本・業務提携する。国内ではパーク24などが先行するカーシェアリング事業での巻き返しに向け動き出す。米国や欧州ではライドシェアやカーシェアが台頭する中、トヨタは全方位での目配りを続ける。

パーク24とは小型電気自動車を使った実験を進める(左)
アキッパと業務提携して空き駐車場を見つけやすくする(右)

 トヨタ自動車が日本国内のカーシェアリングサービスの強化に動く。

 駐車場シェアサービスを手掛けるakippa(アキッパ、大阪市)と資本・業務提携を結び、傘下の「未来創生ファンド」を通じ数億円を出資。トヨタの通信サービス「T-Connect」でアキッパの駐車場を検索・予約できるようにするほか、トヨタレンタカーなどグループ各社が所有する駐車場をアキッパのサービスで予約できるようにする。

 アキッパは個人などの所有者が駐車場を時間貸しできるサービスを提供している。2014年のサービス開始後、パーク24、三井不動産リアルティに次ぐ業界3位に成長、登録駐車場は全国7500カ所に拡大した。貸し手がスマートフォンから駐車場を登録でき、需給に応じて料金を変えられるのが特徴。借り手はスマホで15分単位で駐車場を予約できる。競合他社にはない予約機能の導入で利用者を増やしている。

シェアサービス強化へ全方位で提携するトヨタ
●トヨタ自動車のシェア事業者との提携
続きを読む 2/3 国内シェアビジネスの主役は誰

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2291文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。