政府・自民党が当面の農業改革メニューを決定した。農業資材の価格引き下げや流通構造改革を進めるため、全国農業協同組合連合会に改革を促すことなどが柱だ。農林関係議員や農協組織の反発を踏まえた譲歩を演出したが、関係者の想定内の着地点だったと言える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1287文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題