アサヒグループホールディングスが欧州で「スーパードライ」の販売を倍増させる方針を打ち出した。買収した西欧4社の生産拠点や販路を生かし「グローバルブランド」に育てる構想だ。成功しなければ国内依存の経営からの脱却は難しく、巨額買収の意義も問われるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1293文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題