アサヒグループホールディングスが欧州で「スーパードライ」の販売を倍増させる方針を打ち出した。買収した西欧4社の生産拠点や販路を生かし「グローバルブランド」に育てる構想だ。成功しなければ国内依存の経営からの脱却は難しく、巨額買収の意義も問われるだろう。