称賛を浴びてきたカリスマ経営者から一夜にして容疑者となったカルロス・ゴーン氏。水面下では日本とフランスの両政府を巻き込みながら、仏ルノー、日産自動車の主導権争いが始まっている。もっとも、ゴーン氏逮捕の余波はそれだけではない。ゴーン氏が浮かび上がらせたのは日本の役員報酬開示の闇だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5439文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題