ファミリーマートがパンメーカーを集め、11月27日から「うまいパン決定戦」を開いている。タイトルの通り、各社が新商品を開発し、販売期間中の売り上げでナンバー1を決めるイベントだ。PB(プライベートブランド)品があふれて個性を失ったと指摘されるコンビニの売り場が変わる契機になるだろうか。

<span class="fontBold">パンメーカー9社が澤田社長(前列中央)の前で自社商品をアピール</span>
パンメーカー9社が澤田社長(前列中央)の前で自社商品をアピール

 「うまいパン」の発売に先立つ11月21日、都内のファミマ本社で開いた開幕式に山崎製パンの社員はおそろいの法被を着て登場した。「本気で考えたメロンパン。一口食べたら頭の中から『メロンディ』が聞こえてきて胸が躍り出しそうになります。これはもう『メロンメロン』のおいしさです」。ダジャレを連発しながらも表情は真剣そのもの。「白いメロンパン」をアピールした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1056文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。