企業間連携が重要な自動運転分野で、メーカーの足並みが乱れている。クルマが他のクルマやインフラとの通信で使用する周波数が、欧米と異なることが背景にある。トヨタ自動車以外は実用化に慎重で、国際標準を狙う上で障害となる恐れも出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2543文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。