パリ同時テロを受け、日本政府が国内テロ対策の強化に乗り出している。来年の伊勢志摩サミットや東京五輪を控え、過激派組織が日本を標的にする恐れがあるためだ。テロ情報の収集や水際対策の徹底が柱となるが、市民や事業者への協力要請も重視する考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1326文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題