大塚家具の創業者で大塚久美子社長の父、勝久前会長が同社株式を売却している。金融機関などは会社側に買い取りを打診中だが、親子の不仲もあり実現していない。自社株買いで株主還元を高める好機を失う懸念が出てきた。