大塚家具の創業者で大塚久美子社長の父、勝久前会長が同社株式を売却している。金融機関などは会社側に買い取りを打診中だが、親子の不仲もあり実現していない。自社株買いで株主還元を高める好機を失う懸念が出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1223文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題