高すぎると批判を浴びた「オプジーボ」の薬価が来年2月から50%引き下げられることが決まった。今回の緊急値下げはあくまで特例的な措置という位置付けだが、その影響は製薬業界に広く及ぶ。政府は薬価制度の抜本的な見直しに着手する方針で、製薬業界に「冬の時代」が訪れるかもしれない。