高すぎると批判を浴びた「オプジーボ」の薬価が来年2月から50%引き下げられることが決まった。今回の緊急値下げはあくまで特例的な措置という位置付けだが、その影響は製薬業界に広く及ぶ。政府は薬価制度の抜本的な見直しに着手する方針で、製薬業界に「冬の時代」が訪れるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2502文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。