開発の短期化が課題に

EV本格参入でエコカー全方位開発へ
●トヨタ自動車が持つ次世代エコカーと主な車種
EV本格参入でエコカー全方位開発へ<br /> <span>●トヨタ自動車が持つ次世代エコカーと主な車種</span>

 トヨタは「究極のエコカー」と位置付けるFCV(燃料電池車)の「ミライ」を2014年12月に発売。同じ燃料電池システムを使った燃料電池バスを2017年1月に発売する。HV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)にEVも加え、次世代エコカーを全方位で開発することになる。

 新組織の狙いは開発の加速だ。2018年には米国のZEV(排ガスゼロのクルマ)規制厳格化と中国でのNEV(新エネルギー車)規制導入が控える。いずれもHVは対象外となり、EVの存在感が高まる可能性がある。豊田社長は「ベンチャー組織としてその分野だけを専門に考え、スピード感のある仕事の進め方を確立する」とコメントした。

 ある欧州自動車メーカーの幹部は「EVでは開発サイクルはぐっと短くなる。トヨタの開発サイクルは27カ月と業界で最も短い部類だが、我々はEVで20カ月を達成する」と意気込む。部品点数が少なくなるEVでは、製品の投入サイクルが短くなると予想される。トヨタは最低限の人数で素早い意思決定ができるベンチャー組織で対抗する。

 もう一つの狙いとみられるのが、EVにおけるグループ各社の役割を明確にすることだ。今回、メンバーとして加わる3社はトヨタグループの中核企業で、既にEV分野で実績がある。デンソーはクルマの頭脳であるECU(電子制御装置)をEV向けに開発しているほか、トヨタが2012年に限定発売した小型EV「eQ」や日産自動車「リーフ」向けにヒートポンプ式エアコンを出荷している。アイシン精機はHV用トランスミッションなどの実績が豊富。EVではトランスミッションが不要になるとの見方もあるが、「足回りの技術開発のノウハウはEVでも生きる」(アイシン精機広報)。

 豊田自動織機には世界シェアトップのフォークリフト事業で培った電動化技術が眠る。アジア諸国で普及する3輪EVタクシー向けに超小型インバーターやモーターを納入するほか、三菱自動車の小型EV「アイ・ミーブ」や欧米メーカーの各種EVにエアコン用の電動コンプレッサーを出荷する。

 いずれもトヨタ以外のメーカー向けで実績を積み重ねているが、トヨタのEV戦略が定まらなくてはグループ内で事業が重複する恐れがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1476文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。