トランプ次期米大統領がもし、公約通りの政策を実施したらどうなるか。日本企業が想定すべきリスクを大胆に先読みする緊急連載第1回は、「分断」に着目する。「iPhone」をやり玉に挙げ、中国製品に45%の関税を導入する可能性はその一つ。だが、それだけではない。