富裕層の節税策として脚光を浴びる「タワマン」節税。販売価格と課税評価額のギャップを埋めようと、税制改正の議論が始まった。だが、節税メリットは予想以上に大きく、新税制は尻すぼみで終わりそうだ。