富裕層の節税策として脚光を浴びる「タワマン」節税。販売価格と課税評価額のギャップを埋めようと、税制改正の議論が始まった。だが、節税メリットは予想以上に大きく、新税制は尻すぼみで終わりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1134文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題